着物買取のコツ:帯の種類

丸帯の特徴や価格相場は?高額買取りするためのポイント

着物を着用する際に必要になる帯には、様々な種類や用途があります。
主には帯の長さや幅、形によって名称が分けられているものが多いです。
では、丸帯とはどのような帯のことを言うのでしょうか。
今回は、丸帯の歴史や特徴、買取りした場合の価格相場について紹介していきます。

丸帯が誕生した歴史

丸帯は江戸時代に作られた礼装用の帯です。
当時は留袖紋付として用いられていましたが、現在は花嫁衣裳に用いられる程度となり、一般の需要は少なくなりました。
江戸時代中期は大きく盛り上げた髪型が流行しており、これに合わせて帯幅や帯結びが大きくなる丸帯が考案されたと言います。
通常、帯は目立たないものとされていましたが、上村吉弥市が娘役で舞台に上がった時のだらり結びが大流行したことにより、豪華絢爛な丸帯が普及し始めたようです。
戦用まで礼装用として用いられていましたが、重くて扱いにくいといった理由で昭和初期には、別の袋帯が考案されあまり用いられなくなったと言われています。

丸帯の特徴とは

丸帯は、幅1尺8寸5分(約70㎝)・長さ1丈1尺5寸(約436㎝)以上の布地をふたつ折りにして端が縫われているため、表と裏は同じ柄になります。
帯芯として帯の中には帆布が入っています。
厚板とも呼ばれていたことから、ずっしりと重みがあり一人では締めにくいといった特徴が見られるようです。
しかし、模様が豪華なだけあってどんな結び方をしても、柄を表に表現することができ見た目が綺麗といったメリットがあります。
最近では花嫁衣装に用いられることが少なくなった要因として、価格が高くて派手な印象が強いといったデメリットもあがっています。

丸帯の柄の種類について

丸帯は1つの布地を2つに折り合わせ仕立てる帯なので、どのような結び方をしても必ず柄が表にで出るようになっています。
ただし、柄によって向きがあるので縁起物の振袖で花が下に向かって咲いているように見えたり、地面めがけて蝶が飛んでいたりすることがないように結び方に注意してください。
丸帯には全面に有職模様や吉祥模様などの柄が施されているものが多く、他の帯と比較すると重量があります。

有職模様

有職模様は、平安時代の公家の衣として施された模様になります。
優美か洗練された様式で着物にもよく用いられる模様ですが、季節を象徴する柄が入っていないため1年を通していつでも使用できる模様になっています。
代表的な模様は、水蒸気が立ち上る様子や立湧、正六角形などの幾何学模様、向蝶文(二羽の蝶を向かい合わせた模様)、亀甲文などです。

吉祥模様

「よいきざし」や「おめでたい」といった意味が込められている吉祥模様は、松竹梅、鳳凰、鶴、亀、宝船、瑞雲、四尽しなどの模様が施されています。
「鶴は千年 亀は万年」と言われているように鶴や亀は長寿を象徴し、鳴き声が天まで届くような響きという例えによって、めでたい印として扱われているようです。
これらの柄には、鶴や鳳凰など縁起ものの柄や格調の高い柄が用いられている場合が多いのですが、唐織や糸錦、金襴で織り上げることによって見た目がさらに煌びやかになります。
最近では「アンティーク帯」と呼ばれ、着物買取でも丸帯は希少性の高い帯として扱われているようです。

丸帯の相場価格はどれくらい?

丸帯は、リサイクルショップやネットオークションで販売されていることがありますが、実際の買取り金額は数百円から8,000円以上とかなり差があります。
有名作家のデザインや老舗メーカーの丸帯になると高値がつきやすくなりますが、帯の保管状態によっても金額が変わってくるようです。
反対に証紙などがない無名の帯であっても、状態が良ければ高額買取が期待できます。
丸帯は食べこぼしによるシミや汚れがつきやすいので、綺麗な状態をどれだけ保てるかどうかが重要になります。
また、丸帯をどこで買取ってもらうかによって相場価格が変わってくるでしょう。
ネットオークションやリサイクルショップは、比較的気軽に売りに出せる方法です。
リサイクルショップの場合は、帯だけの買取りをお断りすることも多く、帯の知識によって買取価格が評価されているかどうかはわかりません。
ネットオークションの場合は、出品数が多いため入札されないケースも多いです。
あらかじめ価格が決まっていないため、提示する値段でトラブルになる可能性もあるでしょう。
その点、着物買取専門店の場合は査定実績があり着物の知識が優れた鑑定士によって査定してもらえるので、お互いに納得のいく価格で買取りが成立させることができます。
丸帯一点からでも買取りに応じてくれるので非常に安心です。

高額買取りにするためのポイント

丸帯を高く売るためには、状態が良いことが第一です。
シミや汚れがないもの、着用によるしわや擦れなど綺麗に保たれているかどうかがポイントです。
有名作家がデザインした丸帯や、糸使い、柄、技法も査定評価に含まれます。
帯の状態だけでなく、帯の知識を持った買取専門店で査定してもらうのも高く売るためのコツとも言えるでしょう。

丸帯買取のまとめ

今回は、丸帯の特徴や高額買取するためのポイントについてご紹介してきました。
丸帯は世間一般にあまり馴染みのない帯として扱われていますが、アンティークショップなどで希少価値の高い帯として販売されています。
アンティーク帯として様々な着こなしをする方も増えてきているため、買取を依頼する場合はあらかじめ高額買取になるための準備をしておきましょう。