着物買取のコツ:帯の種類

兵児帯の特徴と買取相場は?高額買取してもらうには?

兵児帯はもともと男性の帯とされてきましたが、現在では子どもや女性にも親しまれ人気の帯となっています。
普段着る着物に締める帯としては、角帯よりも柔らかく簡単に結べるのも特徴です。
今回はそんな兵児帯の特徴や買取相場、高額で買い取ってもらうためのポイントなどを紹介していきましょう。

兵児帯の特徴

前述したように、兵児帯はもともと男性が締める帯とされていました。
年齢が15歳から25歳以下の男性を兵児と呼んでいたことから兵児帯と呼ばれるようになったのが特徴です。
男性用の兵児帯は約74センチ程度の大幅または約50センチの中幅の縮緬地の生地に、部分絞りか総絞りにしたもの、無地のものなどが主流です。
男性用は灰色や黒色、紺色が一般的で、3.7メートルほどあります。
その後、次第に子どもや女性にも広まり、カジュアル帯として現在は定着しています。
柔らかく締めやすいため、半幅帯のように様々な結び方を楽しむことができ、絹・木綿・ウール・ポリエステルなど様々な素材のものがあるのも特徴です。
子ども用は華やかな色合いのものが多く、大人よりも短い生地を利用して絞りを施してあります。
男の子用は青や緑色が一般的で、女の子用は赤やピンクが親しまれています。
女性用も、フワフワしてボリュームがある帯なので浴衣に合わせる方が増えており、人気も高くなっているのです。
また、兵児帯は浴衣帯よりも簡単に結ぶことができるため、初心者でも結びやすくなっています。
結ぶのが簡単で身に付けても心地良い兵児帯は、浴衣だけでなく普段用の着物とも合わせてコーディネートしやすく、近年注目されている帯なのです。

兵児帯の買取相場はどのくらい?

兵児帯の買取りをお願いする場合、ネットオークションで売るのか、着物買取店で買い取ってもらうのかによって相場が変わってきます。
ネットオークションでは、中古の場合1500円前後が相場になっています。
また、有名な兵児帯の場合は30000万円以上の値がついたこともあるようですが、最安値は1円になっていることもあり、価格幅があるのが特徴です。
ただ、ネットオークションのこれらの相場はあくまでも目安なので、できるだけ高く買い取ってもらいたいのであれば着物買取専門業者へ持って行くのが良いでしょう。
着物買取専門業者は、着物に関する知識が豊富なので、価値の高い兵児帯を所有していた場合、しっかりと良さを判断してくれます。
近年、男性だけでなく、女性用としても多数用いられており、兵児帯は需要も高いです。
無地はもちろん、プリント模様やレースなどの装飾が施された兵児帯もあり、幅広いタイプのものがあるため、価値を性格に見極めてもらうには、着物買取専門業者が適していると言えるでしょう。

高値で買取してもらうには?

前述したように、兵児帯は男性はもちろん、子どもや女性にも親しまれている帯で、需要もあります。
そんな兵児帯をより高値で買い取ってもらうには、どのようなことに注意すれば良いのでしょうか?

【珍しいものかどうか】

兵児帯は、素材や色合いが珍しいものほど、高値になる傾向があります。
絞りの模様や装飾などがある場合は、買取価格に差が出ることもあるでしょう。
兵児帯には様々な種類があるため、まずは珍しいものか、価値の高いものかを理解すると良いでしょう。
価値の高いものであれば、着物買取専門業者に持って行くことで高値がつく可能性も高いです。

【保管方法】

兵児帯をはじめ、着物類を大切に保管できているかは買取をしてもらう場合重要なポイントと言えます。
きちんと保管できていないと、シミや汚れが付着することがあるのです。
買取に出す場合、シミや汚れが付着していない綺麗な状態のものの方が高値がつきやすいです。
兵児帯の使用頻度にもよりますが、正しい保管方法ができているかどうかも確認しましょう。

【傷やほつれ】

前述した保管方法とも似ていますが、正しく保管できていない場合、傷やほつれの原因にもなります。
また、外出先で傷やほつれが生じてしまうこともあるでしょう。
兵児帯は繊細な作りになっているので、素人が無理に修復しようとしても思うようにいかないことが多いです。
万が一、傷やほつれがある場合には、そのままの状態で着物買取専門業者へ持って行くようにしましょう。
ただ、傷やほつれができないよう、日頃から大切に保管することも大切なことです。

兵児帯買取のまとめ

兵児帯の特徴や高値で買い取ってもらうためのポイントなどを紹介してきました。
できるだけ高く兵児帯を買い取って貰いたい場合は、着物に関する知識が豊富な着物買取専門業者へ持って行くと良いでしょう。
買取価格の幅が広いネットオークションよりも、正しい価値で判断してもらうことができます。
また、日頃から正しく保管できているかもポイントになります。
男性だけでなく、子どもや女性にも幅広く親しまれている帯だからこそ、正しい判断で買い取ってもらえるようにしましょう。