着物買取のコツ:帯の種類

半幅帯の特徴とは?買取相場や高価買取の秘訣をご紹介

着物をカジュアルに着こなす場合には半幅帯がオススメです。
デザインが豊富なので、普段着として着物を着用する際にもコーディネートしやすく女性に人気があります。
そんな半幅帯の特徴や買取相場について解説していきましょう。

半幅帯の特徴とは?

半幅帯は背中の帯が見えないように使用していた帯で羽織の下などで着用されていました。
江戸時代には帯を後ろで結ぶスタイルが流行し、細帯は普段着として利用されていました。
その後、半幅帯が結びやすいとして再び利用され始め、現代でも普段着として多くの女性が着用しています。
半幅帯は約30cm幅の袋帯や名古屋帯などを半分に折り曲げて仕立てられたことから名前が付けられました。
袋帯は一般的に約30cmの幅で約430〜450cmの長さとなっていますが、半幅帯は幅が約17cm、長さが360〜400cmと若干短い帯です。
ボリューム感を出さずに締められるとあり、身体に負担をかけることがないのも特徴の一つです。
アレンジもしやすく様々な帯結びを楽しめるので、着物アレンジでほかの人と差を付けたい時にも最適でしょう。

半幅帯には種類がある

半幅帯には「小袋帯」と「単衣帯」の2種類があるので、それぞれの特徴についても解説していきましょう。

【小袋帯】

小袋帯はその名の通り、袋状になっていることが特徴です。
2枚の生地の端を縫い合わせることで1枚の帯にしています。
表と裏の柄が異なるものが多く、どちらを表にしても締められるのでアレンジしやすい魅力があります。

【単衣帯】

一枚の帯地で仕立てられている帯で小袋帯と比べても厚みが薄いことが特徴です。
軽さもあるので体の負担が少なく帯結びも自由にアレンジしやすい魅力があるでしょう。
夏の時期にも取り入れやすい帯です。

半幅帯はカジュアルな場に最適

主に、半幅帯はどういったシーンで利用されているのか解説していきます。
半幅帯は略式の帯としての位置付けなのでフォーマルな場では着用されることはありません。
そのため、普段着用として利用されるのでウールの着物や紬や絣に合わせやすいでしょう。
夏であれば、沖縄の自然や動植物の名前を取り入れた図柄で爽やかな柄が特徴の「琉球絣」やシボと呼ばれるシワで涼感を出し、水分を吸いやすく発散しやすい素材の苧麻を使用して作られた「小千谷縮」、綿麻素材のちぢみ生地を使用して作られ涼しげな透け感のある「綿麻縮」など、夏の時期に着られることが多い着物にも合わせやすい帯となっています。
最近では浴衣に半幅帯を取り入れることも多くなってきました。
デザインが豊富でどんな浴衣にも合わせやすく、ボリュームがないので帯締めのアレンジもしやすいので暑い夏の時期にも最適なのです。
特に単衣帯であれば浴衣に合わせて様々なアレンジができ、サイズが長いものを選ぶことでより多くのアレンジを楽しむことができます。
若い女性にも日常に取り入れやすい帯となっているので、着物初心者にとっても利用しやすい点が魅力です。

半幅帯のアレンジの仕方

半幅帯を1枚持っているとオシャレの幅を広げることができます。
定番のアレンジ方法としては「文庫結び」となるでしょう。
シンプルで初心者でも手軽に結ぶことができ、浴衣にも最適です。
「貝の口結び」も代表的な結び方のひとつです。
男性が占めているイメージの強いアレンジとなりますが、女性が取り入れても何ら問題はありません。
女の子らしくガーリーなアレンジをしたいのであれば「蝶結び」が最適です。
手軽に結べるので浴衣に合わせると可愛らしく仕上がるでしょう。
そして、変わったアレンジ方法で「パタパタ結び」という結び方もあります。
三重紐の間にパタパタと帯を挟んでいくのですが、見た目ほど難しくないので初心者でもアレンジしやすいことが特徴です。
また、せっかく着物を着るのであれば帯締めや帯揚げによってコーディネートを楽しみたいと考える人も多いでしょう。
半幅帯はカジュアルなので必要ないと思われがちですが、帯締めをすることで体に固定されて型崩れを防ぐことができるので、様々なアレンジの際に利用するのもオシャレに着こなすポイントの一つとなります。

半幅帯の買取相場や高価買取のポイントとは?

アレンジがしやすく初心者でも取り入れやすい特徴を持っている半幅帯を売りたい場合の相場はどうなっているのでしょうか?
やはり、袋帯や名古屋帯と比べると買取相場は低くなり、5000円ほどとなっています。
普段着に合わせやすい帯なので高額での買取は難しいと言えます。
特に半幅帯はポリエステルやウールなどが多く使用されているので良い値がつくことは少ないです。
ですが、吉祥模様や緊迫の入っている半幅帯は相場よりも高値で買取されることも多く、首里花織や米沢織などの伝統工芸品などであると更なる高価買取が期待できるでしょう。
また、北出与三郎や羽田登喜男などの有名作家が手がけた半幅帯は人気があるので高値での買取が予想できます。

半幅帯買取のまとめ

半幅帯の特徴や高価買取のポイントなどをご紹介しました。
相場での買取りや高値での買取を希望しているのであれば、状態の良い帯であることも重要です。
汚さないよう綺麗に保管し、シミやほつれなどがあれば補修してから買取を依頼することで高価買取が期待できます。
証紙があることも大切なポイントとなるので、買取を依頼する際にはあらかじめ用意しておきましょう。