着物買取のコツ:帯の種類

名古屋帯の買取価格の相場は?帯の特徴と高額買取のコツ

帯には様々な種類がありますが、名古屋帯は主にカジュアルなシーンで着用されることが多い帯です。
名前の通り名古屋で考案されたことが由来する帯ですが、他の帯との違いは何なのでしょうか?
名古屋帯の特徴や歴史、買取価格の相場をご紹介しましょう。

名古屋帯の特徴

名古屋帯は3m40cmから70mの長さの帯で、礼装の袋帯よりも短いのが特徴的です。
一重太鼓結びに適した長さで、軽量かつ結びやすいことから、日常的に用いられています。
一般的にカジュアルなシーンで着用されるものなので、フォーマルなシーンでは使われません。
しかし、金銀の糸の刺繍などが施された豪華な仕様の場合は、それなりに格が高いのでお茶会や結婚披露宴などセミフォーマルなシーンで着用可能です。
名古屋帯が考案された当時は染め帯が主流でしたが、織り帯でもつくられています。
柄はシンプルなものから華やかな柄と様々な柄があり、幅広くコーディネートを楽しめるでしょう。
柄に入れ方によって呼び方に違いがあり、帯全体に柄があるものは「全通柄」、6割ほど施されている場合は「六通柄」、太鼓と前方の胴帯部分だけに柄がある場合は「ポイント柄」や「太鼓柄」と呼ばれています。

名古屋帯が誕生した背景

名古屋帯は大正7年から8年に考案されており、比較的新しい帯です。
この当時、帯は袋帯か昼夜帯しかなく、帯を締めるのに時間や手間がかかっていました。
その手間を解消するために服装改良運動が起こり、名古屋女子学校(現在は名古屋女子大学)の創始者である越原春子氏が考案したとされています。
胴に巻きつける部分の幅を半分にし、一重太鼓にすることで時間短縮を図ったのです。
名古屋の呉服店は率先して販売を行い、昭和初期に全国的に広まって現代のように普及しました。
名古屋帯の名前の由来は考案された地域や学校名からきています。
また、諸説がもう1つあり、名古屋に住む飯田志よう氏が「文化帯」という名で工芸博覧会に出品され、入賞後に名古屋帯と改めた説もあります。

一重太鼓の解釈について

袋帯は太鼓の四角い部分は二重になる二重太鼓ですが、名古屋帯は一重太鼓です。
二重太鼓には喜びが重なるという意味が込められた結び方である一方、一重太鼓の場合は不幸が重ならないようにという意味がある結び方になります。
そうなると名古屋帯は葬儀のような不幸があったシーンに適した帯で、お祝いのシーンには向かないことになります。
しかし、古典柄や金銀糸を使った格の高い名古屋帯は結婚式などでも着用されることが多いです。
確かに祝いの場は袋帯が好ましいのですが、縁起担ぎなだけなので好ましいだけであり、名古屋帯をつけてはいけないわけではありません。
格調があり良質な生地の名古屋帯であれば一重太鼓でも問題ないのです。
上記の歴史でも説明しましたが、名古屋帯は着用時の時間短縮を図るために考案されたものなので、深く考える必要はないと言えます。

名古屋帯の種類

名古屋帯は大きく分けて「八寸名古屋帯」と「九寸名古屋帯」の2種類があります。
これは織る生地の幅寸が八寸か九寸かの違いであり、できあがると同じ寸法になります。
また、寸法だけではなく用いられる生地や仕立て方に少し近いがあるので、それぞれの特徴をご紹介しましょう。

八寸名古屋帯

帯を仕立てる時に帯芯と呼ばれる生地を挟み入れることがあります。
これは帯地にハリを持たせたり、汗などの湿気やホコリを吸い、生地の傷みを緩和したりするために用いられるものです。
八寸名古屋帯は適度な張りと厚さを持つ生地が使われるので、帯芯は使いません。
仕立て方は太鼓になる部分を折り返して、端をかがるだけで、仕上がりも八寸幅です。
カジュアル感がある帯で軽いうえに締めやすく、普段着物からおしゃれ着物で利用されています。

九寸名古屋帯

名古屋帯で最もポピュラーなのが九寸名古屋帯です。
九寸名古屋帯は柔らかい生地を用いられるため、それぞれの生地に適した帯芯を入れ、帯地に張りやコシを与えます。
仕立て方は帯芯を入れて5分ずつ縫い合わせ、内側に織り込んで仕立てていきます。
合計1寸分が縫い合わせられるので、仕立て前は九寸ですが仕立てた後は八寸になるわけです。

名古屋帯の価格相場と高額ポイント

名古屋帯の価格相場は状態や年数によって異なりますが、以下の価格が相場の目安です。

・ノーブランドや折りシワなどがある帯:300円から
・博多織やつづれ織、動物の絵柄など:1000円から
・紬帯や有名産地や織元の帯:5000円から
・人間国宝や伝統工芸師、有名作家の帯:1000万円から

相場から見てみると、人間国宝や伝統工芸師、有名作家が手掛けた名古屋帯はかなり高額で売ることができます。
ただ、この相場は目安なので状態によって値が下がることがあり、有名作家の帯でなくてもそれに近い価格が付けられることもあるでしょう。
名古屋帯で高額買取を狙う場合は湿気やシワに注意して保管し、良好な状態を保ってください。
また、帯地に落款やサインがあると作家や有名織元の帯であるか特定が可能です。
他にも流行に左右されない古典柄の帯や生地が正絹であると高値になりやすいでしょう。

名古屋帯買取のまとめ

名古屋帯は生活のニーズから開発された帯であり、セミフォーマルから普段着と幅広く使えることから、多くの着物愛好家に愛されています。
袋帯よりも格が下なので高く売れないと思われがちですが、条件によっては袋帯にも勝りません。
しかし、自分では価値を知ることは難しいので、相場を理解した上で着物査定を行い、お持ちの名古屋帯の価値を確かめてみましょう。