着物買取のコツ:帯の種類

角帯を高価買取するためのポイントや特徴は?

浴衣などの上から体に巻きつけることで衣類を止めることができる帯ですが、男性が浴衣を着用する際に使用されることの多い角帯は、礼装用からカジュアル用まで幅広い用途でしようできるため、非常に使い道が多い帯の1つです。

オークションに角帯を出すとどのくらいで売れる?

角帯をネットオークションで調べてみると平均価格が約9,000円前後となります。
ただし、時期や品物によって多少の変動があるため、場合によっては平均価格以下になってしまうこともあります。
最高値を見ると55,000円で落札されたものもありますが、新品の価格でその値段なので、中古の帯の場合はさらに価格が下がってしまう可能性もあります。
角帯を売りたいと考えているのであれば、ネットオークションに出すのではなく、着物の買取りを行っている着物買取り専門店の無料査定に出すことをおすすめします。

角帯を高値で売るコツ

角帯を少しでも高価買取してもらうためには、角帯に汚れがないか、保管方法は正しいのかを確認してみましょう。
帯は食事などの汚れが付きやすくなっているので、汚れがないか確認して、もし汚れが気になる部分があれば、自分で洗濯をするのではなくクリーニングに出してから買取に出すのも良いでしょう。
自分で洗ってしまうと傷めてしまう可能性があり、買取価格を下げてしまうことになります。
また、着物や帯に関する正しい知識を持っているかも高価買取してもらうためには大切なポイントになります。
正しい価値を知らなければ適正な買取価格で買い取ってもらうことができないので、知識のある査定員がいる着物買取り専門店で査定してもらうようにしましょう。
後悔しないためには、きちんとした知識を持った鑑定士がいる着物買取り専門店で買取してもらうことが理想的です。
そうすることで、買取価格に不満を持つこともなく、満足できる価格で買い取ってもらえるはずです。
角帯の中でも、希少価値が高い物やブランド品、良質な素材を使っている物を買取に出すのであればなおさらです。

角帯にはどんな特徴があるの?

角帯は、男性用の浴衣や着物の帯で礼装用だけでなく、カジュアルな着こなしまで幅広い用途があります。
普通の帯よりも固めに織られているため、しっかりとした素材で巻いたときにも腰回りをすっきりして引き締めてくれるのでかっこいい着こなしになります。
また姿勢の良さを保つことができ、かっこよく着物や浴衣を着こなすためにも大切なアイテムとなっています。

特に博多の角帯は、平地織という織り方を採用しているものが多く、固く織られているだけでなく一般的な帯よりも厚手の帯なので、江戸時代に武士が締めやすく使いやすいということから、男性にとって角帯がポピュラーなものとなっていきました。
男性用の角帯は「博多献上」と呼ばれる献上帯が有名で、筑前の黒田長政が幕府への献上品にこの博多織を選んだことから、このような名前で呼ばれるようになったと言われています。
博多献上の場合、独特なラインと模様によって織られていて、博多献上ならではの美しさと締めやすさがあることで使用する人が多くなっているのです。
この博多帯でも有名な献上柄の角帯となると、上下の柄が決まっています。
華皿模様が上、太い独鈷の模様が下になるので、着用する際は帯の柄にも注意することでマナーがしっかりしているという印象を与えることができます。
素材は絹や綿、麻や合繊などがあり、夏用の角帯には絽や紗、羅など透けた素材を使用することもあります。

女性の帯に比べると細くて長い角帯は、幅が15〜19cmで長さが398cmが主流となり、袋帯、単帯、帯芯を入れたものもあります。
長着の上に腰紐を巻いてから帯を巻いていきますが、腰骨の上から巻くのが正しい方法で、貝の口や一文字結びなどが現在では一般的です。
昔は、片ばさみや駒下駄結び、神田結びなど様々な結び方もありましたが、最近ではそのような結び方をしている人は少なくなりました。

角帯の場合、ポリエステルやウールなど化学繊維が織られたものは量産されている物が多いので高価買取対象外になることが多くなってしまいます。
それに対して、最も高値が付くのは博多献上帯など正絹で織られた帯は買取価格が効果になる可能性が高くなります。
また、伝統工芸士の手織りやモダンなデザインの角帯は希少性が高いため高価買取がしてもらえる可能性が量産されている角帯よりも高くなります。
そこに伝統工芸のマークなどが印刷されていると、さらに買取価格が高くなる可能性もあるでしょう。
また、購入後の保管方法によって状態が良いまま保存されている角帯は、査定額を上げることができます。
角帯の本当の価値を知りたい場合には、知識を持った鑑定士がいる着物買取り専門店での査定がおすすめです。

角帯買取のまとめ

角帯は、色々な用途がある帯なので非常に使いやすくなっています。
礼装からカジュアルな着こなしまでできる万能な角帯は、需要もあるので買取に出すタイミングなどによっては高価買取してもらえる可能性も高くなるでしょう。