着物買取のコツ:着物の種類

京小紋はどんな着物?オシャレ着として汎用性の高い京小紋と買取の注意点

京小紋とは、京都などの方面で使われていた、小さな模様を入れた着物です。
京小紋は江戸小紋と比べて多色刷り、具象的な図案を使用するなど華やかな印象を持つものが多く、何枚も型紙を使って仕上げたりすることもあります。
そんな京小紋の魅力と買取の際の注意点について解説しましょう。

京小紋の歴史

京小紋は、京友禅などで古くから型染めで着ものを制作してきた京都が、江戸小紋を参考に型染めの小紋制作をするようになったのが始まりと言われています。
小紋の代表的な存在である江戸小紋は、大名の裃に入れるオシャレとして始まりましたが、そのオシャレを京都流に取り入れ、華やかな柄に発展させたところが、江戸の武士社会、京都の貴族社会をそれぞれ反映しているとも言えるでしょう。
小紋が出るまでの技術に比べると、小さな模様を入れるためには相応の高度な技術が要求され、江戸小紋の重要に応えるために技術発展がなされたとされているのです。
制作が活発になり始めたのが明治時代以降であり、歴史は江戸小紋に比べて浅いものの、京友禅の美しさ、派手な柄と小さく染め抜く技術が融合した結果、少し大きめの柄と華やかな見た目をもつ京小紋として現在でも親しまれています。
また加賀小紋という小紋は、京小紋と江戸小紋の影響を受け石川県で作られ始めたと言われています。

京小紋の特徴

小紋は、大きく分けて京小紋、江戸小紋、加賀小紋、そして紅型小紋、絞り小紋、更紗小紋などがあり、基本的に小紋と呼ばれる図案は上下などの方向を問わずに模様が入れられており、通常の肩を上にする図案とはまた違った雰囲気を持っています。
中でも京小紋は他に比べて比較的図案が大きくて派手な柄、様々な布地の使用、多色刷りなどが大きな特徴でしょう。
このうち図案が一番のポイントになることが多く、京都らしいはんなりとしたモチーフが具象的に描かれていることがほとんどです。
江戸小紋は柄によってさらに細分化することができますが、京小紋にはそういった分類みたいなものがなく、自由な作風、デザイン性を持っていることも特徴といえるでしょう。
近年につくられたものである場合は、地に大きめの柄が入っていたり、図案に西洋の花などが取り入れられていることもあり、具象的かつ細かな絵柄は京都らしい美しさとデザインの多様性に富んでいます。
多色刷りである利点を生かし、繊細かつ細かな小紋を入れた着物はそれ単体であっても他に負けない強さを持っているので、帯との合わせ方もコーディネートのしがいがあり、腕の見せ所ともなるでしょう。

オシャレで街に出る時の外出着として人気

小紋は元々倹約志向を定められた大名たちが、限られた中でもよりオシャレに見せるために作らせたという経緯があり、小紋は外出時のオシャレにぴったりの着物です。
特に京小紋は比較的小さめの柄をちりばめたような図案が多く、普段使いながらも華やかな印象を持つため普段からオシャレを楽しめる着物として人気が高くなっています。
また京小紋は他の小紋に比べて華やかさ、派手さが強い傾向にあるので、日々の普段着よりオシャレ着としての需要が強く、仲良しの友人との集まりやおでかけ、身内の中でのちょっとしたパーティなどにもおすすめです。
近年ドラマや映画などで和服を着ている方も多く、レトロモダンな雰囲気の和服は明治以降の時代背景のフィクションなどでよく使われる衣装とも言えます。
色もさまざまなものがあり、生地も選択肢が多い京小紋は、演じるキャラクターなどに合わせて柄や色を選びやすく、着る人の個性に合わせたものをピックアップできるということもあり、モダンなものも伝統寄りのものも内包できる京小紋の特性にぴったりと言えるでしょう。
着物を着たいけどあまり地味すぎず、派手すぎず、オシャレに着こなすという重要にぴったりな着物です。

京小紋の買取価格はどの程度?

京小紋は小さな柄を散りばめた華やかな印象から、詳しくない人でもそれなりの価格をつけてくれやすいです。
しかし、それなりの値段といってもネットオークションなどで平均9000〜1万円程度になるので、やはり着物の専門家に査定してもらうのが一番でしょう。
また伝統工芸品として作られている京小紋の着物は、絹織物が基本の生地になっています。
普段から手入れをしなければすぐに傷んでしまいやすい生地なので、いずれ買取をしてもらう予定があるなら定期的な手入れがある方が長持ちし、価格も高くなりやすいといえます。
そして、伝統工芸品でもある京小紋は、証紙があるとより高額の買い取りが期待できるのです。
証紙が貼られている場合は、それも無くさずに持っていくようにしましょう。
図案がオシャレで普段から使いやすい京小紋は、図案から購入してくれる人もいるので、売れ残り続けるということはそうありません。
もし京小紋を売る際は、価値の分かる着物買取専門業者にしっかりと査定してもらい、売るようにしましょう。