着物買取のコツ:着物の種類

振袖の特徴と高価買取するために気をつけること

一昔前までは毎日着物を着ることが当たり前の世の中でしたが、今ではすっかり着る機会が減ってしまいました。
しかし、唯一着物を着飾る日と認知されているのが「成人式」ではないでしょうか。
成人式では振袖を着用する人が多く、豪華に着付けてもらうことで成人になったことを大々的にお祝いするといった風習があります。
そこで今回は、成人式で着る振袖の特徴や種類などについて詳しくご紹介します。
また、振袖を高値で買い取ってもらうためのポイントもいくつか解説していきましょう。

振袖の特徴と種類

振袖は一般的に慶びの日に装う特別な着物ですが主に「大振袖」「中振袖」「小振袖」の3種類に分けられています。
この種類によって格の違いがあり、着用シーンも変わってきます。

【大振袖】

袖丈が114㎝前後で最も格式が高い振袖です。
本振袖とも呼ばれ、未婚女性の第一礼装でもあります。
昔は5つ紋が正式な振袖でしたが、今は省略されているものがほとんどです。
下に引きずってしまうくらい長い袖丈は、気品の中に艶っぽさがあり美しく豪華な装いという雰囲気が漂います。

【中振袖】

袖丈は100㎝前後で、大振袖に次ぐ準礼装にあたります。
成人式に着用する振袖は、この中振袖です。
晴れ舞台にぴったりの装いであることから、祝席や華やかな席に見かけることが多いです。

【小振袖】

袖丈が85㎝前後で二尺袖とも呼ばれています。
振袖の中で最も袖が短いので活動的な印象が強く、動きやすくて便利な着物として扱われています。
卒業式で袴と小振袖を合わせて着用することがありますが、それ以外ではあまり見かけることが少なくなりました。

成人式に振袖を着用する理由

「なぜ成人式には振袖を着るのか?」という疑問を抱く方は決して少なくありません。
実は振袖は、袖の振り方で相手を好きか嫌いか表現することができる意味があり、未婚女性が着る着物とされていました。
既婚女性はそれを表現する必要がなくなるので、振袖を着るのは相応しくないということになります。
昔は未成年しか着用できない着物として知られていましたが、現代では未婚の方が着る着物という枠組みがされるようになりました。
また別の意味では、長い袖で厄を祓うために人生の門出で身にまとうことも有名です。
そういった昔の習わしが今でも受け継がれてきているようです。

振袖の色や柄に込められた意味

振袖は未婚女性の第一礼装として扱われていますが、色や柄によってそれぞれ意味があることをご存知でしょうか。
色や柄選びに迷った時や、お持ちの振袖の色や柄が持つイメージを参考にしてみてください。

赤は魔よけの意味があり、太陽や火、血の色でもあります。
古くから神聖な色とされてきたこともあり、力強い印象が残ります。

ピンク

桜や桃のイメージが強いピンクは、女性らしい可愛い色味です。
優しさや柔らかい印象を与えることができます。

植物など自然をイメージさせる緑色は、安定感や調和を表しています。
穏やかな癒しの色とも言われており、落ち着いた印象が強いです。

空や海を連想させる青は、冷静さを表します。
知性を示す色でもあり、落ち着きや自立など好感度の高い色です。

花柄

振袖といえば花柄をイメージする方は非常に多いです。
一口に花と言っても桜や梅、牡丹、菊、藤、バラなど様々ありますが、美しく華やかな雰囲気を醸し出す代表的な柄と言っても良いでしょう。
桜…豊かさの象徴
梅…逆境に耐え抜く人生
バラ…清純

鶴、亀などおめでたい柄

鶴や亀、松竹梅などの吉祥模様は良い前兆という意味があり、縁起の良い柄とも言われています。
鶴・亀…長寿のシンボル
扇…開運、福を招く、厄除け

振袖を高く売るコツ

振袖だけに限らずどの着物にも言えることですが、高価買取してもらうためには傷や汚れのない保管状態の良い着物であることが第一条件です。
また、振袖と一緒に帯や小物などと一緒に査定に出すことで、高価買取の対象になる可能性が高いです。
人気色や有名作家などのブランド品の振袖は、品質を保証する証紙を提示することでより高値がつくことでしょう。
振袖で人気のある色は赤や黒、白などで、毎年成人式で選ばれる定番色でもあります。
最近は、白地ベースにポップな大判柄をあしらった独創的な振袖も人気が集まってきています。
このように需要のある着物をお持ちの場合は、高額買取が期待できるでしょう。

振袖を売るならどこがおすすめ?

最近はネットオークションやリサイクルショップなどで簡単に着物を売ることができるようになりました。
しかし、ネットオークションやリサイクルショップは買取価格の幅が広く、正しい価値で査定してもらうことは難しいようです。
リサイクルショップの場合は、着物に関する知識が全くない人から査定されることになります。
ですから、高価な振袖を適正な価格で買取ってもらいたい場合は、着物買取専門業者に依頼するようにしましょう。
振袖の素材や価値、品質などプロでしか見極められない鑑定士に査定してもらうことで、高額買取りしてもらえる可能性が高くなります。