着物買取のコツ:着物の種類

色留袖の特徴や着用シーンは?高額買取は可能?

着物には様々な種類がありますが、その中でも色留袖は格式が高い着物と言われています。
では、色留袖を着用するのはどのような時なのでしょうか?
今回は、色留袖の特徴や着用シーン、また高額で買い取ってもらうためのポイントなどをご紹介します。

色留袖の特徴と着用シーン

着物には格式が異なるものが多いですが、留袖は着物の中でも最も格式が高い種類となっています。
地色が黒の場合は黒留袖、それ以外の色はすべて色留袖と呼び、未婚者や既婚者問わず着用できるのが特徴です。
色や柄も豊富で、幅広い年齢層に着用できることから、様々なシーンで活躍します。
最も格式が高い着物は留袖ですが、続いて黒留袖、色留袖となっており、格式もそれぞれ違っています。
色留袖は、裾の部分のみに模様があり、上半身の部分には模様が入っていません。
また、襟や袖などを2枚重ねて着用しているように見える比翼仕立になっているのも特徴です。
色留袖は白羽二重の着物を重ねて着用するというのが一般的でしたが、近年では比翼仕立が基本となっています。
さらに紋の数によって格式も違ってきますが、用途に合わせて紋の数を調整する場合が多いです。
紋が多いほど格式が高くなり、3つ紋や1つ紋の色留袖は準礼装としてパーティーや親戚の結婚披露宴などで着用することができます。
そもそも着用シーンとしては、色留袖の場合は結婚式・披露宴・宮中参内などの時が一般的ですが、親族は黒留袖を着用するため、それ以外の女性が着用するのが色留袖となります。
色留袖は、色や柄が豊富なので、着用する色留袖によっては印象も大きく違って見えます。
中でも優しい雰囲気なパステルカラーは幅広い年齢層に好まれており、季節や用途に合わせて着物の色や柄、帯などを選ぶことができるのも色留袖ならではとなっているのです。

色留袖の買取相場はどのくらい?

色留袖は、格式の高いパーティーや結婚披露宴など様々な用途で着用できる一方で、年に何度も着用する機会はないでしょう。
また、冠婚葬祭で着物を着用する方も年々少なくなっているほか、レンタルを利用する方も増えてきています。
このような背景から、色留袖を持っていても買取に出す方が増えているのです。
しかし、いざ買取に出そうと考えても、色留袖の買取相場がわからないと基準を知ることができません。
一般的には、色留袖の買取相場は、購入価格の20%以上とされています。
色留袖は種類によって30万円〜50万円ほどのものがありますが、その20%と考えると6万円〜10万円以上がだいたいの相場と言えるのではないでしょうか?
ただ、有名な作家や伝統工芸品などの色留袖の場合は、貴重価値の高いものでもあるので50万円〜100万円の値がつくこともあるでしょう。

色留袖を高額で買い取ってもらうには?

では、色留袖を高額で買い取ってもらうにはどのようなポイントがあるのでしょうか?

【人気色】

まず、色留袖の人気色であるピンクや水色、薄紫などのパステルカラーの色留袖です。
このような優しい印象や雰囲気の色留袖は需要も多く、他のハッキリとした色の色留袖よりも高額で買い取ってもらえることが多いです。

【人間国宝作家の色留袖】

人間国宝の上野為二や百貫華峰などの有名作家の色留袖は、価値や品質を証明する証紙や落款を提示することで高値が付く可能性が高いでしょう。
証紙や落款がない場合は、価値や品質を証明できないオークションやフリマなどでは買取価格も低くなってしまうので注意が必要です。

【仕立て直し可能サイズ】

身丈160センチ以上、裄丈65センチ以上の仕立て直しが可能も十分なサイズの色留袖は需要があり高値で買い取ってもらえる傾向にあります。
高級着物として査定される着物以外にも、需要のある色留袖をお持ちの場合は、高額査定してくれることも多いです。

【着物買取専門店】

着物買取専門店には、経験豊富なプロの査定スタッフがいます。
高級素材が使用されていたり、有名な染師による作品の場合は特に価値や品質を丁寧に鑑定してくれるでしょう。
オークションやフリマの場合は、確かな証明がない限りは必ずしも高値がつくとは限りません。
着物に関するプロに査定してもらうことで、高額査定も期待できるでしょう。
色留袖は黒留袖と比較しても用途が広く、人気が高い着物です。
高額で買い取ってもらいたい場合は、着物買取専門店に持って行くことをおすすめします。

色留袖買取のまとめ

色留袖の特徴や使用シーン、高額で買い取ってもらうためのポイントなどを紹介してきましたが、いかがでしたか?
色留袖は格式が高いものから、パーティーなどで気軽に着用できるものまであり、用途も広いのが特徴です。
不要な色留袖が自宅に眠っているという場合は、新たな持ち主へ橋渡しするというのも1つの方法となります。
また、色留袖の価値や品質をプロの目で見極めてもらうことで、高額で買い取ってもらうことも可能です。
色留袖の相場を把握して、少しでも高値で買い取ってもらえるように備えましょう。