着物買取のコツ:着物の種類

黒留袖はどんな特徴がある着物?高価買取するためには?

黒留袖は、既婚女性が結婚式や披露宴などの場で着用する第一礼装です。
大切な人の結婚式に呼ばれた時に着用する黒留袖には、どのような特徴があるのか、着こなすためのポイントはあるのか、高価買取するためのポイントなどについてご紹介していきましょう。

黒留袖の特徴やマナー

黒留袖は既婚女性の第一礼装として、結婚式や披露宴などの場で着用されます。
地色は黒で、裾には模様が入っていて、5ヶ所に家紋がついているのが黒留袖です。
新郎新婦の仲人をした女性や両家の母親など、新郎新婦に近しい間柄の親族が着用するのが基本的なマナーとなっています。

そんな黒留袖には、家紋が5ヶ所に入っています。
色留袖は三つ紋や一つ紋が主流となっていますが、黒留袖の場合は異なります。
また、黒留袖は比翼仕立てが一般的です。
比翼仕立ては、お祝い事が重なる演技が良い仕立て方ということで、結婚式や披露宴などのおめでたい場で着用されるようになったとも言われています。
さらに、黒留袖を着る時の帯は喜びが二重になるようにという願いを込めた二重太鼓という締め方をします。
帯の柄も、黒留袖の存在感に負けないような重厚感があり、優美な柄を選ぶこともマナーとされています。
特に吉祥文様という柄は、おめでたく縁起が良い柄で、季節も問わないのでおすすめです。

黒留袖の柄、選び方はあるの?

黒留袖は地色が黒なので、柄によって印象が変わります。
年齢や立ち位置などによって選ぶべきデザインも異なります。
新郎新婦の母親が着用する場合は、落ち着いた雰囲気の柄の黒留袖がおすすめです。
袋帯も、格式の高い黒留袖を着用するのであれば、格の高い者を選ぶようにしましょう。
年配の方が着用する場合は、模様の面積が小さめで、できるだけ低い位置にあるデザインがおすすめです。
裾にすっきりと模様がある黒留袖は、落ち着いたデザインが多いので、年齢相応の落ち着きを感じさせることでしょう。
若い方が着用する場合は、大きめの柄で膝上くらいまで色や柄が入っているものがおすすめです。
橘や桜、牡丹など華やかで可愛らしい花柄を選ぶことで、若さあふれる可愛らしさを感じることができます。

黒留袖を着用する時に必要な小物は?

黒留袖を着用する際には、金や銀、白の小物を使用しましょう。
着物を着る時には、帯や帯締め、帯揚げ、草履、バッグなどが必要になりますが。金や銀、白の小物の小物が必要になります。
帯は、金や銀がベースになっている格式が高い袋帯を二重太鼓で締めましょう。
帯締めや帯揚げも、金や銀が入っているものを選ぶことが基本となっています。
また、黒留袖の場合は末広と呼ばれる扇も必須です。
末広は、祝儀扇とも呼ばれていて、漆塗りで金銀の髪が貼られている扇子のことです。
そして草履やバッグに関しても、着物と調和が取れている豪華なものを選びましょう。
長襦袢は礼装用の白いものを着用します。

全体的に豪華で目立ちそうな印象ですが、結婚式や披露宴の主役はあくまでも新郎新婦なので、派手すぎず、地味すぎない着こなしを目指しましょう。

黒留袖の買取相場はどのくらい?

黒留袖は、なかなか頻繁に着るものでもないので、タンスの中にしまったままという人も多いのではないでしょうか。
ずっとしまったままにしておくのではなく、買取に出そうかと考えている人もいるはずです。
黒留袖の買取相場は、ネットオークションで6000円程度となっています。
リサイクルショップでは、名門千總の黒留袖が134000円で買取されているケースもありますが、最安値は1円からと買取価格の幅はかなり広くなっています。
また、リサイクルショップの店員は着物に関する知識を持っていないことも多く、適正な買取価格での買取が難しいという現状もあります。
満足できる価格で買取に出したいという場合は、着物買取専門店がおすすめです。
着物買取専門店では、正しい知識を持った鑑定士が査定をしてくれるため、高値で買い取ってもらえる可能性も高くなります。
査定は無料なので、気軽にお願いすることができます。

黒留袖を高価買取するためにポイント

どの着物や帯にも言えることですが、高価買取してもらうためには、傷や汚れがない綺麗な状態であるということが最も大切な条件になります。
絹で織られている着物の場合は水に弱いため、汗をかいた時などの手入れに気をつけるなど注意が必要になります。
また、帯や小物などと一緒に査定に出すと高価買取の対象になることもあるので、おすすめです。
また、ネットオークションやリサイクルショップではなく、着物買取専門店に出すというのも高価買取のポイントになります。

黒留袖買取のまとめ

結婚式や披露宴などのおめでたい場で着用する黒留袖を使わないまましまっておくのであれば、買取に出すという方法も検討してみてはいかがでしょうか。
サイズや買取に出すタイミングによって、買取価格に違いはあるかもしれませんが、黒留袖を必要としている人も必ずいます。
そして買取に出す場合は、今回紹介したポイントをチェックしてみてください。