着物買取のコツ

着物の価格相場は流行も関係!影響されない柄とは?

着物には華やかなものからシンプルなものと様々な柄があり、好みの柄を選んで購入される方は多いでしょう。
一般的に着物はいつの時代でも着用しやすい柄が多いので、流行り廃りと縁がないように思われますが、着物の流行と価格相場には深い関わりがあるのです。
着物の流行と価格相場にはどんな関係性があるのでしょうか?

柄行きの良い着物は高く売れやすい

着物の絵柄のことを柄行きと言います。
着物査定では状態や産地、作者が注目されますが、実は柄行きも価格相場に大きく関わってくるのです。
一般的に「柄行きが良い」とされる着物は「どの年代でも需要のある柄」という風に認識されています。
具体的にどのような伝統を受け継ぐ「古典柄」が柄行きの良い着物に当てはまるでしょう。

着物の柄にも流行がある

柄行きの良い古典柄は流行り廃り問わず高く売れる傾向がありますが、着物の柄にも流行があり、流行が過ぎてしまうと価格は下がってしまうでしょう。
着物の場合、洋服よりも流行は変わりませんが、10年から20年が目安なので10年以上経つ着物は流行が過ぎている可能性があります。
なぜ流行が過ぎると価格が下がってしまうのかというと、ブームが過ぎた柄は現在に合ったコーディネートが難しく、買取相場全体が下がるので価格相場にも影響してくるのです。
きれいな現代柄でも奇抜さが目立つものは買い手が付きにくいことから、価格相場は下がってしまうでしょう。
では、流行にうちに売ってしまえば問題ないのかというと、そういうわけでもありません。
中にはなかなかの価格で買い取ってくれる業者もいますが、転売まで時間がかかるため、その間に流行が過ぎてしまうことを懸念する業者も多いので、今流行でも高値がつかない場合もあります。

流行が過ぎた着物でも高く売れる場合がある

流行が過ぎた着物はあまり価値がないというイメージになってしまいますが、場合によっては流行が過ぎた柄でも高く売れることがあります。
例えば、有名作家が手掛けた着物や有名な産地の着物と証明できる証紙が突いている場合は、柄以外の部分で査定ポイントが加算され比較的に価格が高くなるでしょう。
有名作家の着物や伝統工芸品はファンも多いので、着物買取でも需要があります。
着物査定を行う前は、まず作者や産地を確認しておきましょう。

柄行きによって着物の種類も変わる

着物には留袖や振袖、訪問着など様々な種類があり、種類によって格が存在します。
着物の種類によって柄もそれぞれ特徴が異なります。
肩から袖・裾まで柄が入っていて袖が長い着物は「振袖」で、袖が短い場合は「訪問着」です。
紋付きで裾に柄が入っている場合は「留袖」で、袖周りに柄が入っている場合は「付け下げ」になります。
全体に細かい柄が入っている場合は「小紋」で、模様がない場合は「色無地」です。
この中で最も格が高いのは留袖と振袖となるので、訪問着や付け下げ、小紋、色無地よりも高い価格がつくでしょう。
ただ、柄の流行も査定ポイントに影響することを忘れないようにしてください。

流行にとらわれない古典柄の種類

そもそも古典柄とはどんな柄なのか知らない方も多いでしょう。
古典柄は古くから受け継ぐ日本の伝統と格式を持つ色、柄を示し、日本人の肌や髪、雰囲気に合うものとされています。
もともと中国の文様をベースに日本独自の進化を遂げた柄で、歴史や伝説に基づいた柄や宗教の信仰により受け継がれている柄が多く、無病息災の意味を持つなど縁起の良い柄となっています。
一言に古典柄といっても様々な柄があるので、ご紹介しましょう。

吉祥文様

縁起が良い、めでたいという意味が込められた柄は吉祥文様と言います。
主に留袖や振袖に用いられており、中国文化から影響されて日本で縁起が良いとされるものをモチーフに表すものが多いです。
代表的な柄は松と竹、梅がモチーフの「松竹梅」を始め、鶴や噛め、鳳凰、流などの柄があります。

花柄(辻が花)

季節感や華やかな印象を与える花柄が特徴的な辻が花は、室町時代から受け継がれている伝統的な染色技法です。
絞り染めした生地に手描き絵や刺繍、金箔などで柄付けされています。
現代のイメージは、室町時代の辻が花の小裂からアイデアを得て生み出された久保田一竹の「一竹辻が花」が元になっています。

有職文様

平安時代、宮中の儀式や行事に関わる学者などの知識を持つ人々が着用していた平安装束に入っていた柄が有職文様です。
こちらも中国から伝来して定着したもので、上品さや雅さが進化して現代の模様に変化しました。
代表的な柄は唐草文や菱文、花菱、七宝などがあります。

扇、短冊、鼓

扇、短冊、鼓の柄も古典柄に分類され、吉祥文様で用いられることがあります。
扇は商売繁盛や子孫繁栄の意味があり、鼓は「音色が鳴る」という意味を「実がなる」という意味に例え、豊作の意味が込められ古典柄として好まれる傾向があるようです。
短冊は夏から秋にかけて着用する着物に施されることが多く、風流があります。

まとめ

このように、着物にも流行があり、価格相場や査定でも影響が出るポイントです。
高価買取を狙うなら流行に左右されない古典柄の着物がおすすめです。
しかし、素人には柄を見ても価値がつけられるものか分からず、流行なのか廃りなのか判断するのは難しく、実際に査定してもらわないと分かりません。
ブランド着物や証紙があるという理由で流行に問わず価値がつくこともあるので、判断ができない場合は着物査定で価値を知ってから買取を検討してみましょう。