着物買取のコツ

着物の査定には評価基準がある!買取価格をアップさせる方法とは?

自宅の掃除をしていたら、古くなった着物が出てくることがあります。
自分で着る予定がなければ処分を検討するでしょうが、ゴミとして出すにはもったいないので着物買取専門店に買い取ってもらうことを考えましょう。
ですが、着物を売る際には査定を左右する評価基準があります。
評価基準によっては納得できない価格での買取となってしまうため不満が残る場合もあります。
そこで、高値で買い取ってもらいたい場合のポイントを解説していきましょう。

着物買取の評価基準について

着物をネットオークションやフリマアプリなどを利用して売ることを考える人もいらっしゃるかと思いますが、着物の価値を判断できる人がいないため、相場よりも低い価格での買取になる場合があります。
ですが、着物買取専門店であれば着物に関する知識を豊富に持っている査定員が判断してくれるので相場に見合った価格で買取を行ってくれます。
ですが、専門店によって評価基準が決まっているので高値での買取を希望している場合には評価基準について考えることが大切です。
しかし、評価基準については明確に記していない専門店が多いので、少しでも高く買い取ってもらえるよう査定額がアップするポイントを理解することが最も重要となるでしょう。
そこで、査定額をアップさせるためにはどうしたら良いのか解説していきます。

査定額をアップさせるポイント(1):有名作家の着物

評価基準では有名作家の着物であることで高値での買取になる可能性は高いです。
例えば、金彩友禅の第一人者でもある和田光生氏の着物は国内だけではなく海外でも需要が高く人気のある作家なので評価額がアップする可能性は高いです。
また、京友禅の第一人者である松井青々の着物はタタキ染めの技法によって独特な色合いを持ち、美しいデザインであると評判です。
そのほかにも、花鳥風月を題材にした着物を数々手がけている羽田登喜男氏や四季折々の美しい自然の感動を着物で表現する中川正洋氏など、様々な有名作家が存在しているので、有名作家が手がけた着物がタンスに眠っている場合には、高価買取が期待できるでしょう。

査定額をアップさせるポイント(2):有名産地の着物

有名産地で作られた着物は需要が高く評価基準も高いと言えます。
石川県金沢市で作られている加賀友禅はぼかしや虫食いの表現をしていることが特徴です。
沖縄県の久米島紬は高級絹織物として有名なので高値での買取が期待できます。
そのほかにも、福岡の博多織や久留米絣、鹿児島の大島紬や串木野木綿、京都の丹後縮緬や西陣織など、様々な産地で作られた着物があるので所有している着物がどの産地で作られたものか確認してみましょう。

査定額をアップさせるポイント(3):人気ブランドの着物

近年、オシャレ着物として様々なブランドの着物が販売されています。
ブランド着物は芸能人が着用することも多く人気のある作品も多いので買取では高値になる可能性もあるのです。
特にツモリチサトはポップなデザインで若い女性に人気があるので高価買取が多いに期待できます。
そのほかにも、ベネトンやPATTIPATTIなどの海外ブランドや23区やリズリサなどの国内ブランドでも着物は展開されています。

査定額をアップさせるポイント(4):証紙があること

いくら人気作家の着物や有名産地の着物であっても、証明がなければ高く売れることは難しいと考えられます。
査定員が始めにチェックする項目が証紙でもあるので、高値での買取を希望するのであれば証紙の用意を忘れないようにしましょう。
また、帯に関しても証紙があるかが買取金額に大きな影響を及ぼすので、着物を購入した際には証紙を紛失しないよう、しっかりと保管しておきましょう。

査定額をアップさせるポイント(5):着物のサイズ

評価基準において着物のサイズも重要です。
サイズの小さい鬼門であると着る人が限定されてしまうので、査定額が低くなってしまう可能性が高いのです。
そのため、仕立て直しがしやすい丈の長い大きめのサイズの着物である方が有利と言えるでしょう。

査定額をアップさせるポイント(6):着物の生地

着物の生地の評価基準としては、やはりポリエステルなどの化学繊維を使用していたりウールで作られた着物は査定額が低くなる傾向にあります。
絹100%の正絹で作られた着物は価値も重要も高いので査定額も高額になる可能性が高いです。
特に厚みのある生地だと価値も高くなるので、売る際には生地についても確認することが大切です。

査定額をアップさせるポイント(7):汚れのない着物

評価基準において、シミや汚れが多かったりシワが多ければ評価額は下がってしまいます。
洋服を売る際もそうでしょうが、状態が悪ければ買い取ってもらうことも難しくなってしまうのです。
そのため、専門店に査定を依頼する前にシミや汚れ、シワだけでなくほつれや穴がないかしっかりと確認してから査定を依頼しましょう。

着物買取の評価基準は着物買取専門店によって違いがあります。
高値で買取をしてもらうためにも、上記の7つのポイントを理解し良い状態の着物を査定してもらうことが大切となるでしょう。