着物買取のコツ

着物査定時にチェックされることとは?

着物買取では必ず査定が行われます。
これは買取価格の表示と同時に、どのくらいの価値がある着物なのか知ることができるでしょう。
査定基準は買取業者によって違いがありますが、査定士が見ているポイントは共通するところが多いです。
具体的に査定士は何を見ているのか知っていることで、高価買取を狙うヒントが掴めるでしょう。
それでは、着物査定時にチェックされることをご紹介します。

着物の保存状態

着物買取の利益は着物のリサイクルで成り立っていることがほとんどなので、リサイクルできるかどうかが大きなポイントとなります。
なので、全体的に着物状態をチェックします。
ブランド着物でなくても、傷や汚れ、シワなどが目立たないのであれば、それなりの価値を付けてもらえるでしょう。
軽度の傷や汚れであれば大きく査定に響くことはありませんが、着物クリーニングに出しても状態が良くならなさそうな着物は大きく価値が下がり、場合によっては価値がつかないこともあります。
このことから、着物の保管はしっかり行い、汚れが悪化する前にクリーニングに出してきれいな状態を維持することが望ましいです。
汚れや傷は自分で直そうとすると状態を悪化させる可能性があるので、必ず専門業者に依頼してください。
保管の際は湿気や虫食いに注意し、シワをつくらないように重ね置きの重量も気を付けましょう。

着物の種類

着物には黒留袖、色留袖、振袖、訪問着、上げ下げ、色無地、喪服、小紋、紬、浴衣と様々な種類があります。
この種類によって用途や格式が異なるので、着物査定ではどの種類の着物でありか見ています。
黒留袖、色留袖、振袖は着物の中でも格が高い種類なので、高価買取を狙いやすいでしょう。
他の着物もニーズがあるので、状態や人気の柄などで価格が変動します。
また、大正時代から昭和初期につくられた派手な装飾と色使いが特徴的なアンティーク着物も価値が大きく、良好な状態であれば古くても価値が下がりにくいです。
着物買取をする時は、どの種類の着物であるかを意識してみると良いでしょう。

着物の生地

着物で用いられる生地は絹、木綿、麻ですが、使用される生地も多様化しており、最近はポリエステルやウールでつくられた着物もあります。
生地によってつくられる着物に違いがあり、またランクもあるので、着物査定のチェックポイントになります。
ポリエステルとウールは査定額が下がりやすく、買取業者によっては下取り対象外になっていることもあるので注意しましょう。
絹、木綿、麻の着物であれば比較的高額を狙えますが、中でも100%絹を使用した正絹だと高く売れやすいです。

着物のサイズ

盲点になりやすいのが着物のサイズです。
着物は大きめにつくられていますが、小さい着物よりも大きな着物は高値がつきやすいです。
なぜなら、着物リサイクルでは仕立て直してリサイクルすることがあるので、大きいサイズの着物は仕立てやすいことから価値がつけてもらいます。
小さいサイズは仕立てにくいことから価値が下がったり、場合によっては買い取ってもらえなかったりすることがあるでしょう。
特に子ども用の着物を売る場合は注意してください。

着物の落款

着物では落款がついていることがあります。
落款は着物を仕立てた作者や製作工房を記すものなので、有名作家や人間国宝が手掛けた着物であれば高い価値に期待できるでしょう。
着物のデザインは類似したものも多いので、落款を見ることで類似作品を見分ける際にも役立ちます。
また、有名作家の中には名前を継承し続けている方もおり、それぞれの代によって同じ名前でも落款に違いがあるのです。
何代目かによって価値が変化することもあるので、それを見極める上でも落款は大事な資料と言えます。
また、有名作家や人間国宝の作品の中には偽物があることもあり、プロなら落款から見極めることが可能です。
着物査定では柄では見分けられないものもしっかり見極めているので、その着物の本当の価値を知ることができます。

着物の産地

着物には産地があり、それぞれ着物の歴史や技法などに違いがあります。
産地によっても着物の価値は変わってくるので、着物査定では着物の特徴や技法から産地を把握し、適した価格を査定しています。
様々な産地がありますが、京友禅、加賀友禅、東京友禅の三大友禅が有名です。
また、他にも高級紬に結城紬や大島紬、宮古上布、芭蕉布といった伝統工芸品も高価買取が狙いやすいです。
伝統工芸品の着物は組合に加入している作者や工房であれば、品質を保証する証紙が貼ってあるので、それから産地や着物の種類を把握できます。
着物買取では証紙の有無もチェックポイントとなるので、証紙は残しておきましょう。

以上の6つが着物査定で主に見られているポイントなので、高価買取を狙う時はご紹介したチェックポイントを意識して売れる着物を選んでみると良いでしょう。
実績のある着物買取業者を選び、着物の価値を確かめてみてください。