着物買取のコツ

着物買取りの査定方法は?3つの買取方法のメリット・デメリット

古い間タンスの中に眠っている着物は、シワや汚れがついていることが多く着用できない状態の着物もあるのではないでしょうか?
自分好みじゃなかったり、古すぎて着用しない着物をゴミとして処分する人もいますが、着物買取専門店で買い取ってもらうという方法があります。
買取方法としては「出張」「宅配便」「持ち込み」の3つの方法がありますが、それぞれの特徴や利便性はどのようなポイントが見られるのでしょうか。
今回は、それぞれの買取方法のメリット・デメリットをご紹介していきます。

出張買取のメリット・デメリット

出張買取とは専門の査定士が自宅まで訪問し、その場で着物を査定する買取り方法です。

【メリット】

着物を運ぶ手間がかからない

出張買取の場合は、査定士が自宅まで直接来てくれるので着物を郵送したり、自分で運んだりすることはありません。
自宅にいながら買取サービスが利用できるので、店舗まで移動する時間も必要ないでしょう。
着物が大量にある場合は自力で持ち運ぶことが困難になるので、出張買取を利用すると非常に便利です。

目の前で査定してもらえるので買取り価格に納得できる

出張買取の場合は、目の前で着物を査定することになります。
査定の様子を一部始終確認することもできますし、詳しい情報を入手したり質問できるので査定価格も納得しやすいでしょう。

短時間で現金支払いしてもらえる

多くの場合はその場で査定してもらえるので、すぐに査定額が知りたいという方や現金化を希望する方にはとても便利なサービスです。

【デメリット】

出張サービスに対応している店舗でしか利用できない

出張買取は、着物買取専門店が対応しているエリアでしか利用することができません。
首都圏の場合は対応しているところが多いのですが、地方や小都市などの場合はエリア対象外になってしまうことがあります。

事前に希望の日程を予約しなければならない

出張買取の場合は、査定士の都合や移動時間などの面で事前予約を取ることが一般的です。
思いたってからすぐに来てもらえないといった不便さがあります。

宅配買取のメリット・デメリット

宅配買取は、買取専門店から送られてきた専用の段ボールや箱に着物を詰めて送り返し、査定してもらうという買取方法です。
査定士は、送られてきた着物を店舗で査定します。

【メリット】

全国どこでも買い取ってもらうことができる

宅急便を利用した買取方法は対応エリアの範囲が広く、日本全国どこでも対応可能になっているところがほとんどです。
出張買取の場合はエリアが限定されることが多いのですが、宅急便の対応エリアであれば着物を買い取ってもらうことができます。

店舗に持ち込む必要がない

宅急便での買取りは、段ボールに着物を入れて郵送手続きをするだけなので、持ち込む手間がかかりません。
自宅から近い郵便局や宅配会社に足を運ぶだけなので、移動の負担も少ないです。

【デメリット】

査定されるまで時間がかかる

宅急便の場合は店舗から段ボールが送られてきた後、着物を入れて送り返す作業が必要になります。
場所によっては郵送までの時間が長くかかり、店舗に着物が届いてからの査定になるので待ち時間が多くなってしまうでしょう。

買取価格が振込になる場合が多い

出張査定や持ち込みの場合は、現金での支払いが一般的なのに対し、宅配の場合は指定の銀行口座へ振り込まれることになります。
すぐに手元に入る現金化と違い、代金を引き落とす手間が発生します。

持ち込み買取のメリット・デメリット

持ち込み買取は最も多く人に知られている買取方法の一つで、売りたい時にすぐに買い取りしてもらうことができる買取方法です。
営業時間中の店舗に直接着物を持ち込み査定してもらいます。

【メリット】

返品や配達などのトラブルがない

宅配の場合は、返品や配達などのトラブルが発生してしまう可能性があります。
振込など支払いに関する金銭トラブルが起きることもあります。
しかし、持ち込みの場合は基本的に店舗で交渉することになるので、そのような問題が起こることはありません。

売りたい時にすぐ査定してもらえる

持ち込み買取の場合は買取が成立すれば、その場で代金を受け取ることができます。
直接交渉もできるので商品の情報について不足していることがあれば、その場で説明を受けることも可能です。
場合によっては、買取金額の交渉によって金額アップが望めるかもしれません。

・時間をかけずに着物を買い取ってもらえる

売りたい着物と身分証明があれば、着物査定から代金の支払いまで10分程度で取引を完了させることができます。
査定金額に納得できない場合は、その場でキャンセルすることもできます。

【デメリット】

店舗まで着物を持ち込まなければならない

近辺にお店がない場合やお店までの交通手段がない方にとっては、持ち込み買取は非常に不便です。
また、売りたい着物が大量にある場合は、自分でお店まで運ばなくてはなりません。
移動手段によっては、着物を運搬できない状況も考えられます。

以上のようなメリット・デメリットを参考に、自身がどの買取方法を利用した方が負担が少ないのか検討してみましょう。
要らない着物を処分してくれることにプラスして、現金化することができる着物買取は非常にうれしいサービスと言えます。
どの買取方法でも買取価格をアップさせるコツがあるので、高値の買取りを希望する場合は、着物の状態や小物類とセットで買い取ってもらうようにしましょう。